なにそれ〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ペンギン謹製サイドスクイーズ

<<   作成日時 : 2017/01/12 10:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

「PENGUIN SUPER CLERK」。横押し式ライター。

画像

スーパーの店員なの?いやいや、超大志を抱け!か?(スペル違うよ)

画像

プリンスもそうだがメッキは弱い。こんなんでも未使用。

画像

まん中のこれがスナッファーで、

画像

横のレバーを押すと、開いて着火します。た、楽しい…。動かなかったらどうしよう…と思いましたが、外身の経年感とは裏腹に、機関良好でした。ラッキー

画像

九州朝日放送の粗品。創立が1953年だから、5、60年代製ですかね。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな粗品なら嬉しいですねぇ、ペンギンやプリンスなど企業ノベルティーは多いですよね、やはりライターは人気だったんですかね。

変わった物が見れて、こんなタイプも作られていたんですね、よく探しますよねぇ。
YOUR ZIPPO MAN
2017/01/12 17:59
>よく探しますよねぇ

いや〜はじめて見るようなものは、あまり誰もほしがらないので、開始値のまますっと手に入るんですよぉ。

クラークはたまに見るので、それほど珍しいとも思えませんが、ふつうは何か定評のようなものがないと、ほしくならないんじゃないですか?わたしはそういうの全然興味ないから、自由に変なものばかり。

>企業ノベルティーは多い

日本製の古いライターはたいていノベルティですよねぇ。そうじゃないのを探すのが難しいぐらい。

昔は客にタバコを勧めるのは礼儀だし、おもてなしでしたから、ライターなどは重宝されたのではないでしょうか?ジッポブームと禁煙なんちゃらでわけわからなくなっちゃいましたが、きっとライターはそもそも人気アイテムだったんですよ。
stop
2017/01/13 00:14
ジッポーブームは異常でしたね、それまではアンティーク・ショップの片隅で売られている程度で、でも高かったですよ。
タバコを吸っていれば知らない間にライターは増えてしまいますからね、集めだしたきっかけも、使わないままただ増えたとかだった様な、冷静に考えたらジッポーは高いですよね、今さらですが。
YOUR ZIPPO MAN
2017/01/13 06:30
>ジッポーブームは異常

日本人はそもそも舶来品とかアメリカ物とか好きですからねぇ。高いといってもダンヒルやデュポンほどじゃないし、ヴァリエーション多いしで、チープな感じが70年代の退廃的な空気にうまく乗っかったんじゃないでしょうか?

わたしの年代から見れば、微妙にお兄さんの文化だからそういうのはあまり興味湧かなくて、はじめて手にしたジッポももらいもの。自分で買ったブラスのリフトアームに比べれば、いかにも安っぽくてつまらんライターだなと思いましたよ。

俄然興味が湧いたのは、雑誌でスリムの変遷を見たときで、そのチムニーがへこんだファーストが今手元にある不思議。

こんなことだから、アメリカ大好きでジッポも大好きというわけでもなく、たとえ日本製であっても変なものは大好物なんですよ、きっと。

>冷静に考えたらジッポーは高いですよね

はい、ジッポは高いですよ!製品としてみればたいしたことないし。まねしたくなるのはよくわかりますよ。
stop
2017/01/13 09:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペンギン謹製サイドスクイーズ なにそれ〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる